MENU

滋賀レイクスターズ

SHIGA LAKESTARS

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > 【試合結果】第15節GAME2 進化するライフパートナーNEW TANTOの滋賀ダイハツ販売presents(HOME) 滋賀 80-77北海道

【試合結果】第15節GAME2 進化するライフパートナーNEW TANTOの滋賀ダイハツ販売presents(HOME) 滋賀 80-77北海道


B.LEAGUE 第15節 GAME2 



>>BOX SCORE(ボックススコア)




 


選手/HCコメント

ショーン・デニスHC

ショーン・デニスHC

勝ちましたがアップダウンの激しい試合でした。良いクオーター、悪いクオーター両方がありました。自分たちのターンオーバーが12本あり23失点につながっているのは大きな課題です。ただ、チームで「Trust(信頼)」をテーマに掲げているので、ジョーダン・ハミルトン選手が最後の大事な場面で村上選手に預けて、決めきった最後のプレーはとても大きなものだったと思います。
村上選手は最後のシュートだけでなく、4Qのジョーダン・テイラー選手に対するディフェンスが素晴らしく、しっかりと抑えたのはとても大きな仕事をしたと思います。それが今日の勝利の最も大きい要因でした。
また、今川選手が不在、頓宮選手がファウルアウトのところを晴山選手が4番(PF)ポジションの役目をはたしてくれました。アンガス・ブラント選手の4クオーター大事な場面でのリバウンドがいくつかありました。そこが今日の勝利につながったポイントだったと思います。

 
 (Q.ファウルが多い試合だった)
ファウルの部分は手を出してしまっている自分たちの技術のなさなので修正していきたい。
ただピック&ロールのディフェンスについては逆にしたりだとか、ゾーンを使いながら落ち着いてプレーした部分はできた部分かなと思います。

 
(Q.村上選手の最後の3Pは作戦か)

最後のプレーでチームとしてデザインしたのはハミルトン選手のスイッチの部分だけでした。ピック&ロールからのアタックだけです。
チームとして信頼を掲げているところで最後のプレーが出て、キープレーヤーがチームメイトをしっかり使うのがこのチームの良いところで、信頼してプレー出来ているのが素晴らしいと思います。

 
(Q.2020年を振り返って)
新型コロナウイルスの件もあり、選手の入れ替えもあったシーズンでした。3年で築いたものをリセットしないといけなかったんですが、今の勝敗の部分を見ると悪くない形でできているかなと。
今シーズン、それぞれの選手が強い気持ちを持ってチームに来てくれて、良い時も悪い時もありながら目指すことができてきているのは、このクラブにいて良かったなと誇りに思うところです。

2021年も引き続き成長を見せたいと思います。

#1 村上駿斗(残り7秒で決勝3P含む16pts)

村上駿斗選手

年内最後の試合を勝ち切って終わろうと掲げた試合で、しっかり勝ち切れたのはすごい良かったです。
内容は反省すべきところも多かったですが、個人的にも今後につながる良いパフォーマンスができた試合でした

 
(Q.最後のシュートの場面)
最後の場面だけでなく、残り3分ぐらいから周りの選手もしっかり動いて合わせようと話をしていました。
最後、ジョーダン選手に「打て!」と声をかけたんですが、動いたところにパスが来たので思い切って打ち切りました。打った瞬間入ったと思ったので気持ちよかったです。シュートが思い切って打てて、練習の成果が出たなと思います。

 
(Q.コーチからディフェンスの指導があったと)
滋賀に来てからチームとしても個人的にも指導してもらっているので、良くしようとしている。ジョーダン・テイラー選手にやられない様にと気持ちも強く持ってプレーしました。カバーしてくれるチームメイトを信じて簡単に抜かれない様にと思ってプレーしていました。
  
(Q.テイラー選手に対してディフェンスでどう対策を)
コーチから体の正面で受け止めろと言われていました。
手で行かない様に気をつけ、正面に入ることを気をつけて簡単位ジャンプせずにしつこく付いていきました。
スクリーンを掻い潜って正面位戻るところがディフェンスの個人的な課題なので、今日はそこができて良かったです。

#4 狩俣昌也(11pts/4reb/3ast)

狩俣昌也選手

昨日に続いて内容は満足できないですが、2020年最後のホームゲームに勝てて本当によかったなと思います。
 
Q.得点が入らない時間帯にスリーポイントを決めて流れを引き留めた)
スコアが止まってたので、気持ちを強く持って入りました。
 
(Q.昨日キャリアハイ、シュートの感覚は良い状態か)
そうですね、感覚は良くて、あと1本は決められたかなという感じで調子良く打てていました。
 
Q.ここまでのシーズンのを振り返って)
色々なことが起きて、僕は去年からいて、選手が変わって、会社的にも変わって、新型コロナウイルスの影響もあり、いつもとは違う一年だったかなと思います。
チームとしてできることをしっかりやっていくなかで、自分たちの正しい戦い方や個々の成長のために必要なことができてきて、チームとして成長できていると思います。
最初
練習でも試合でも成長することを掲げているので良い形でステップアップできていると思います。
 
Q.シーズン後半に向けてどこを改善していくか)
全部なんですが、自分たちがやっている方向性は間違っていないと思っています。
良い形で決め切るとか、オープンで撃たせない、タフショットを打たせる、バタバタした時間を落ち着いてプレーする、打たせてはいけないシュートを打たせないとか、細かいところをやっていくのが大事になってくると思います。

 

  

RELATED

関連ニュース

PAGE TOP

MAIN OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL PARTNER

GOLD PARTNER

SILVER PARTNER

BRONZE PARTNER