MENU

滋賀レイクスターズ

SHIGA LAKESTARS

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > 【試合結果】1/29vs名古屋D(B.LEAGUE 第20節)

【試合結果】1/29vs名古屋D(B.LEAGUE 第20節)

 

【2019-20 B.LEAGUE】第20節  



1月29日(水)19:15開始
ウカルちゃんアリーナ
滋賀   名古屋D
17 1Q 18
17 2Q 9
31 3Q 16
11 4Q 18
76 Final 61


 
HC/選手コメント
 

スタッツ/データ

得点 

【滋賀】
齋藤:22Pts
狩野:14Pts
エアーズ:12Pts

【名古屋D】
バーレル:17Pts
アームストロング:10Pts
安藤、笹山:8Pts

 

リバウンド

【滋賀】
エアーズ:20Reb 
ブラッキンズ:7Reb
齋藤、シェーファー、佐藤:4Reb

【名古屋D】
アームストロング:7Reb
バーレル:4Reb 

小林、張本、笹山:3Reb
 

アシスト

【滋賀】
齋藤:9Ast
エアーズ:6Ast
高橋、ブラッキンズ:3Ast

【名古屋D】
バーレル:4Ast
笹山:3Ast

小林、安藤:2Ast

Pts:得点/Reb:リバウンド/Ast:アシスト

《ボックススコア詳細(Bリーグ公式サイトへリンク)》
 

 

HC/選手コメント

ショーン・デニスHC

ここ数日、チームとしてのディフェンスがいい形でプレーできている中で、今日も引き続きプレーすることができ、そこからしっかりオフェンスにも自信を持っていい流れにできたのが今日の試合の勝利に繋がった。名古屋Dのようなオフェンス力のあるチームに対し、特に4Qしっかり抑えることができたというのは素晴らしかった。ただ、自分たちのオフェンスの時に向こうのトラップに引っかかったり、しっかりと準備ができてなくてミスが起きたところがあった。そこはしっかりと修正して次の試合の準備をしていきたい。
 


#2 齋藤拓実(22Pts/9ast/4reb/2stl)

前半で相手を27点に抑えられたというのはディフェンスが成功していた。4Qは僕らが受け身になってしまったというかミスが多くなり、相手のポゼッションが多くなった。それでも3Q、4Qを16点、18点に抑えられ、トータルで61点に抑えられたのは僕たちのディフェンスが効果的に効いていたと思うので、そこはよかった。
勝率もそうだが、僕が感じているのは試合の内容だったり、悪い流れの時でもボディランゲージを下げずに我慢して戦えるというのはチームが成長している証だと思う。勝率の高いチームと戦う時でもそれが崩れないように、2月の中断期間まではしっかり勝って終わりたい。
 


#32 狩野祐介(14pts/B1個人通算スリーポイント成功400回達成)

今月がいい形で勝ち星を取っていたので、今月最後のホームゲームをしっかりと勝って2月に行こうという話をコーチからもされていた。それが成し遂げられて非常によかった。出だしからディフェンスとオフェンスといい形でできていたし、相手にやらせてはいけないシュートもあったが、1試合通して相手のやりたいことをさせずに、自分たちのやりたいことができた結果、勝利に繋がったと思う。
個人的にも400本のスリーポイントという記録がかかっている中、それを達成でき、勝利できたことを嬉しく思うし、チームに感謝したい。


 



RELATED

関連ニュース

PAGE TOP

MAIN OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL PARTNER

GOLD PARTNER

SILVER PARTNER

BRONZE PARTNER