MENU

滋賀レイクスターズ

SHIGA LAKESTARS

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > 【試合結果】1/4vs北海道(B.LEAGUE 第16節 GAME1)

【試合結果】1/4vs北海道(B.LEAGUE 第16節 GAME1)

 

【2019-20 B.LEAGUE】第16節 GAME1



1月4日(土)14:05開始
ウカルちゃんアリーナ
滋賀   北海道
20 1Q 19
18 2Q 18
15 3Q 18
12 4Q 9
65 Final 64
 
HC/選手コメント

 

スタッツ/データ

個人スタッツ (TOP3)

滋賀 Pts 北海道 Pts
エアーズ 17 ミークス 21
ブラッキンズ 13 カミングス 16
高橋 9 中野 9
 
滋賀 Reb 北海道 Reb
エアーズ 14 ミークス 13
ブラッキンズ 9 カミングス 8
高橋 6 市岡 7
 
滋賀 Ast 北海道 Ast
狩俣/エアーズ 5 橋本/カミングス 4
高橋/ブラッキンズ 4 ミークス/多嶋 3
       
Pts:得点/Reb:リバウンド/Ast:アシスト

《ボックススコア詳細(Bリーグ公式サイトへリンク)》
 

 

HC/選手コメント

ショーン・デニスHC


良いゲームだった。タフな試合状況のなか、試合をものにできたのは大きい。一歩成長が見られた。一番良かったのは北海道のドライブを抑えられたこと。オフェンスを崩して外からのシュートを打たせることができた。カミングス選手を16点に抑えた佐藤と高橋のディフェンスも良かった。ロースコアなゲームではフィジカルの強さが重要になってくる。僅差で負けた年末のゲームを踏まえると今日の勝利には大きな価値がある。明日は自信を持って、オープンのシュートを精度良く決めていきたい。
#11 佐藤 卓磨(7得点、2リバウンド、1ブロック)


終盤競り合った試合を勝てたことは大きな自信に繋がった。カミングス選手とのマッチアップでは、簡単にボールを持たさせないことを意識し北海道のオフェンスのリズムを少し崩せたと思う。オフェンスではピックの所でギャップが作れたので、明日も優位なポジションでプレーしたい。折茂選手と同じコートにいた時、試合中は勝つことに集中していたが、試合終わって改めて考えてみると凄いことだなと感じた。中学校1年生の時当時のレラカムイの試合を見にいき、折茂選手から夢を与えてくれた。長い間素晴らしい成績を残している折茂選手や桜井選手と同じコートで戦えて僅差で勝利したことは自分のキャリアでも記憶に残る試合になると思う。そのような選手からコート上で色んなことを吸収していきたい。今日の結果に満足せず明日の入りから集中していく。

 
#24 高橋耕陽(9得点※決勝点、6リバウンド、4アシスト)

(決勝点の場面は)ドライブをして時計を見たときに残り3秒くらいだった。コーナーにジェフがいて、僕もフリーでどうしようかと思ったが、この試合はそれまでドライブから外に出していて3Pが入らなかったケースが多かったので、確実に2点を取った方がいいと思ってそのまま行った。接戦で勝てなかった試合が続いたので、勝てたことは精神的にも大きい。こういうゲームをものにできれば嬉しいし、勢いづくので一つのきっかけになると思う。






 

RELATED

関連ニュース

PAGE TOP

MAIN OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL PARTNER

GOLD PARTNER

SILVER PARTNER

BRONZE PARTNER