MENU

滋賀レイクスターズ

SHIGA LAKESTARS

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > 【試合結果】12/28vs川崎(B.LEAGUE 第15節 GAME1)

【試合結果】12/28vs川崎(B.LEAGUE 第15節 GAME1)

 

【2019-20 B.LEAGUE】第15節 GAME1



12月28日(土)18:05開始
川崎市とどろきアリーナ
滋賀   川崎
18 1Q 29
23 2Q 15
23 3Q 16
17 4Q 21
8 OT 9
89 Final 90
 
HC/選手コメント

 

スタッツ/データ

個人スタッツ (TOP3)

滋賀 Pts 川崎 Pts
ウォーカー 28 ファジーカス 31
齋藤 24 ヒース 18
ブラッキンズ 18 大塚 15
 
滋賀 Reb 川崎 Reb
ブラッキンズ 14 ファジーカス 15
ウォーカー 9 ヒース 10
シェーファー 6 藤井/熊谷/
長谷川
6
 
滋賀 Ast 川崎 Ast
ウォーカー 8 篠山 9
齋藤/ブラッキンズ 5 藤井/ファジーカス 5
       
Pts:得点/Reb:リバウンド/Ast:アシスト

《ボックススコア詳細(Bリーグ公式サイトへリンク)》
 

 

HC/選手コメント

ショーン・デニスHC

試合の入りが悪かったが、自分たちで立て直して最後まで戦えたのは選手を褒めたい。ペイント内で相手より得点も取れていた。齋藤は試合を重ねるごとに良くなっている。若い選手だが試合の理解度も高いので、まだまだ成長する。勝負を分けたのはリバウンドやフリースローの数だ。

 
#12 ヘンリー・ウォーカー(28得点)

我々は成長している段階。川崎は勝ち切る方法を知っている。そこから学ばなければならない。大事なシュートを決めるなど勝負強さを身につけないといけない。勝負強さというものはこういう試合を何個経験するか、で学ぶもの。前を向いて明日の試合に臨みたい。



#2 齋藤拓実(24得点)

最後のシュート外したが、それ以上に試合の出だしが悪かったのがスターターPGとしては大反省。
接戦になったとき、川崎はディフェンス、オフェンスともに全員が意志が統一していて、何をやりたいのかチームが有機的に動いていたと思う。我々もコーチや選手で話をしていたが、その成熟度が川崎との違い。肌で学べたと思う。
調子が良いのは身体のケアがしっかりできているからだと思う。プレータイムが多く、経験が増えて成長できていると思う。

RELATED

関連ニュース

PAGE TOP

MAIN OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL PARTNER

PARTNERS