MENU

滋賀レイクスターズ

SHIGA LAKESTARS

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > 【Report】滋賀大データサイエンス学部と「ゲームデータ分析」連携協定締結

【Report】滋賀大データサイエンス学部と「ゲームデータ分析」連携協定締結

 滋賀レイクスターズは、日本で初めて「データサイエンティスト」の育成を目指して設立された滋賀大学データサイエンス学部と、ゲームデータの分析について連携協定を締結いたしました。本連携に賛同していただいた株式会社PRO-SEED様のご協賛により、産学連携のレイクス・ゲームデータ分析プロジェクト」が始動。10月8日に滋賀県彦根市のPRO-SEED本社で締結発表会が行われました。

【発表会出席者】
滋賀レイクスターズ代表   西村 大介 
滋賀大学データサイエンス学部長/データサイエンス研究科長/データサイエンス教育研究センター長  竹村 彰通
滋賀大学データサイエンス学部副学部長 齋藤 邦彦
滋賀大学データサイエンス教育研究センター特任准教授 保科 架風
株式会社PRO-SEED代表取締役社長 青栁 孝幸



レイクス・ゲームデータ分析プロジェクト

活動内容

滋賀大学データサイエンス学部の学生が、B.LEAGUEでチャンピオンシップ進出を目指している滋賀レイクスターズの競技分野におけるデータ分析を手伝う一方、レイクス側は学生に実務としてのデータ分析のフィールドを提供。実際のプロバスケットボールチームが蓄積するデータを研究にも活用することで、同学部の科学的成果の発展につなげていきます。

学生は滋賀レイクスターズのチーム全体、個々の選手の分析に留まらず、チームが提供するリーグ全体や他チームについても分析を実施。対戦相手のラインアップ、シュートエリア、タイムアウトなどの傾向を分析し、レイクス側にフィードバックします。PRO-SEEDは同プロジェクトのスポンサーとして、学生への施設提供などで協力していただきます。

 
滋賀大学データサイエンス学部(公式ウェブサイト)
 
株式会社PRO-SEED(公式ウェブサイト)

 


競技スポーツ分野におけるデータ分析はますます高度化しており、プロスポーツでは勝敗や順位を左右する要素として重視されるようになってきました。

発表会では
西村大介代表は「クラブと大学とのデータ分析での連携はBリーグ初。滋賀レイクスターズがトップバッターとして、バスケットボールでもデータ分析を取り入れていきたい。今回の締結には成果を期待している」とプロジェクトへの期待を語りました。また、今回の発表会には学生は参加できませんでしたが、「プロスポーツに携わることで、データ分析において新たな成果をあげられる」とのコメントが滋賀大学を通じて紹介されました。

本プロジェクトをスポンサードしていただくPRO-SEEDの青栁孝幸代表取締役は「データ分析へ直接関わることはないが、データ分析に対し、学生とは違ったエンジニアとしての思いがあるのでうまく共有したい」と話しました。


 滋賀大学データサイエンス学部の学生は、10月13日(日)YMITアリーナで開催される宇都宮ブレックス戦の会場で、データ収集を行い、今後シーズンを通して分析に関わっていきます。



 

RELATED

関連ニュース

PAGE TOP

MAIN OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL PARTNER

PARTNERS