MENU

滋賀レイクスターズ

SHIGA LAKESTARS

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > 【活動レポート】高橋、西選手が参加してクリーンウォーク開催

【活動レポート】高橋、西選手が参加してクリーンウォーク開催

滋賀レイクスターズと公益財団法人大津市公園緑地協会の協働事業「クリーンウォーク」が、5月25日朝に琵琶湖岸で開催されました。レイクスからは西裕太郎選手と高橋耕陽選手だけでなく、ユースチーム(U15)の根間洋一ヘッドコーチと4選手が参加。一般の参加者を含めると約60人の規模で、なぎさ公園打出の森からびわ湖大津プリンスホテル裏の湖岸を約1時間、散歩を楽しみながらごみ拾いしました。


 

実施概要

5月25日(土)8:00~9:00
区間:大津市(なぎさ公園打出の森~びわ湖大津プリンスホテル)
参加者:約60名(西裕太郎選手、高橋耕陽選手、根間洋一U15ヘッドコーチ、U15選手4人)



今回は「海ごみゼロウィーク」(日本財団と環境省の共同事業)の一環として実施。5月としては記録的な暑さになる天気予報でしたが、早朝のため気温が上がる前のさわやかな時間帯にのんびりと汗をかきながら湖岸を清掃しました。高橋選手と西選手らも岩場に出て、参加者の皆様と笑顔で交流を楽しみつつ、ごみ拾いを行いました。




ユース(U15)の選手たちも今回は参加しました。バスケットボールだけでなく、様々な形で地元滋賀のために貢献するクラブの方針を体感し、日ごろ温かく応援してくださるブースターや地元の皆様と交流する有意義な時間を過ごしました。

夏の間もクリーンウォークは定期的に開催予定です。今回ご参加いただけなかった方も、次の機会は心よりお待ちしておりますので、ぜひご参加ください。

 

RELATED

関連ニュース

PAGE TOP

MAIN OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL PARTNER

PARTNERS