MENU

滋賀レイクスターズ

SHIGA LAKESTARS

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > 【試合結果】2020-21シーズン最終戦 第30節 滋賀 69-82 三河

【試合結果】2020-21シーズン最終戦 第30節 滋賀 69-82 三河



B.LEAGUE 第30節 GAME2

滋賀レイクスターズ スターティング5

LIVE配信

▼この試合のLIVE配信/見逃し配信はこちら

アプリからならライブスタッツや応援機能がご利用いただけます(機能ガイドはこちら)

 
 

アフターゲーム



>>ボックススコア(BOX SCORE)




HC/選手コメント

ショーン・デニスHC

今日はオープンなシュートをどれだけ決め切れることができるか、という試合だったと思います。
シーズン通して一番大きな課題でもあり、しっかり克服できなかった部分でした。シュート力の不安定さが今日もそうですしシーズン通して響いてしまいました。
相手が中を絞ってドライブさせないという形だったので、外からのシュートが入っていればまた流れも違ったのかなと思います。
 
Q、主力移籍から始まったシーズンだったが、どう総括する?
今のメンバーはB1が初めての選手だったり、これまでB1でプレータイムが少なかった選手たちも多い中でスタートしましたが、今シーズンの結果を見れば、23勝というのは大きな目標を達成できたのではないかなと思います。
今日の試合ではシュートのところでしたが、どこかしらの部分でプレーの不安定さが出てしまい、勝てた試合を落とした部分もあったと思います。そこはチームとしても、個々としても上達していけば、高いレベルでプレーできるようになると思います。
 
Q、シーズン終盤は、名古屋D、大阪といった強豪からも勝利を奪ったが手応えは?
他にもA東京や宇都宮などシーズン通して強豪にも勝てたことは、それだけポテンシャルのあるチームということを証明できたと思います。
シュート力の不安定さやアップダウンの激しい中でシーズンを戦わないといけなかったので、そこの幅を縮めながら、高い質でプレーできている時と低い時の差がある時の対処を学んで成長していくことがチャンピオンシップのレベルを目指すには必要です。シュートの部分は入る入らないはあるのでそこの感情をどうコントロールするか、どう対処して戦い抜くかが課題だと思います。そこができればもっと上のレベルにいけると思います。

 

#4 狩俣昌也 (7pts/2reb/2ast)

今シーズン、世の中が大変な状況の中で、ホーム、アウェーに足を運んでもらったことはとても嬉しかったですし、本当に僕たちの背中を押してくれて力になったなと思います。
今日も勝ちたかったですけど、受け止めて、自分のキャリアの中で活かしていきたいと思います。
 
Q .自身の大きな成長を感じられるシーズンだったのでは?
2年間滋賀でやった中で、まだまだ上手くなってるなという実感もありましたし、もっと上手くなれるなという手応えも掴んだので、今日に限らず、まだまだ頑張りたいです。上手くなってるなと思います。
 
Q.キャプテンとしてチームを引っ張った今シーズン終えて感じることは?
キャリアの中で何回かキャプテンをやってますが、新しいメンバーが多い中でも昨シーズンから継続する文化を伝えないといけない部分もあました。
僕自身、すごく悩みましたし、色々アプローチを変えてみたり、自分たちのやりたいバスケットだったり、若い選手がどうやったら伸びるのかとか本当にすごく考えさせられたシーズンだったと思います。
全てうまくいったわけではなかったので、振り返ると大変でしたけど、チームに対してしっかり向き合ったというところは胸を張って言えるので、良いことも悪いことも、良い経験だったなと思います。
キャプテンとして沢山、学ばせていただきました。勝ち負けも大事ですけど、人としても感じることもあったので僕にとっては良かったと思います。

Q.今日の試合を振り返ってここは上手くいったなというところや今後への課題など総括を
4月入ってから今日の試合に向けて、ディフェンスでやられても良いプレーなど判断がすごくできるようになってきたなと、チームとしての成長を感じていました。オフェンスでもどこを攻めるかなど、見え始めていたと思います。気持ちは熱くなりながら、頭では冷静に考えてプレーするというプロバスケ選手として大事な部分ができてきてチームとしてすごくまとまってきたなと感じていました。ただ、コーチはそういった部分を40分求めている中で、継続できない部分があって、そこはまだまだ成長できる部分かなと思います。

#5 ジョーダン・ハミルトン(29pts/13reb/8ast)

今日は本当にタフな試合でした。アンガス・ブラント選手がいない中で、自分自身も40分戦わないといけないというところで、本当にハードな試合でした。前半リードしていたんですが、3Qで相手に流れを与えてしまい、今日の結果になってしまったと思います。
今日の試合に向けて出来るもの全て出して戦わないといけなかったんですが、力を出せている時間とそうでない時間もあり、悔しい結果になりました。このメンバーとしてもそうですし、球団としても持てるもの全てを出して戦うというところがチームのカラーになったのかなと思います。そこは引き続き積み重ねていき、今後この球団が将来大きなクラブに成長できるきっかけにこのシーズンがなれば良いなと思います。
 
Q.今日の試合後半、流れが悪くなった要因は?
悪かったとは感じてはいないです。オープンなシュートを決めきれなかったなと思います。プロとしては決めないといけない。このメンバーが今日感じたことをオフシーズン、来季に向けて準備をするべきだと思います。決め切らないといけないところを決めれるようオフシーズンを使いながら成長していきたいと思います。プロなので同じメンバーでできるかはわかりませんが、それぞれの選手が良いキャリアを過ごせるよう今シーズン学んだものを活かせるようしていくべきだと思います。
 
Q.日本に来てB1を戦い、仲間と過ごした今シーズンを振り返ってどうだったか?
アップダウンがありながらも良いシーズンが過ごせたと思っています。色々な選手が集まっている中で、それぞれのポテンシャルが発揮できれば、一歩及ばず敗れた試合が多かった中で、もしかしたらチャンピオンシップでプレーをできていたかもしれないと思っています。
色々な人の声を聞きましたが、誰も今シーズン、滋賀レイクスターズがここまでのことを達成すると思っていなかったと思うので、チームとして勝てるんだということを証明できたシーズンだったと思います。

Q.Bリーグについて
兄のゲイリーや知人などが日本でプレーしていてBリーグについてはずっと興味を持っていたリーグでした。
なぜ彼らが日本で長くやっているのか疑問を持っていたんですが、実際プレーしてみて、レベルも高く、コート外ではみんなフレンドリーですが、戦うときはしっかり闘争心を出して戦うというところで、自分の知り合いがなぜ長く日本でやっているのかというところも理解できましたし、自分も長く日本でプレーしたいです。このリーグはもっと成長すると思いますし、プレーしながらその成長に携わっていければと思います。

RELATED

関連ニュース

PAGE TOP

MAIN OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL PARTNER

GOLD PARTNER

SILVER PARTNER

BRONZE PARTNER