MENU

滋賀レイクスターズ

SHIGA LAKESTARS

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > 【試合結果】第26節 GAME1 滋賀 76-86 秋田

【試合結果】第26節 GAME1 滋賀 76-86 秋田


B.LEAGUE 第26節 GAME1

滋賀レイクスターズ スターティング5

LIVE配信

▼この試合のLIVE配信/見逃し配信はこちら

アプリからならライブスタッツや応援機能がご利用いただけます(機能ガイドはこちら)

 
 

アフターゲーム

 

HC/選手コメント

ショーン・デニスHC

秋田の特徴であるプレッシャーとフィジカルのあるバスケに対して、我々が対応するのに時間がかかりすぎてしまったと思っています。試合終盤にはやりたいバスケが少しはできてきたという思いはありますが、やはり前半で秋田に自信を付けさせてしまったことで、ディフェンスで我々が打たせたいと思っていたシュートを打たせることに成功したとしてもしっかりと決め切られてしまいました。今日の試合は自分たちから試合を難しくしてしまったと思います。

Qハミルトンへのマークが厳しかった
そこは驚いてはいません。シーズンを通して、相手にもスカウティングされているところだと思います。
我々がいい試合ができている時は、ハミルトン選手の活躍の影響が大きいので、必ず相手はプレッシャーをかけてくるのはわかっていましたし、そういう時こそ他の選手がステップアップしなければなりません。
プラス、そういった時どうすべきかという対処法は自分たちのシステムの中にはあるのですが、そこをしっかり使えるようになったりとか、相手に対応できるようになるまでに時間がかかりすぎてしまいました。
スタッツの部分でもわかりますが、ハミルトン選手は8アシストをしており、得点するだけでなくパスを出す能力はあるので、そこにチームとしてどう応えていけるかが課題になると思います。

#7 晴山ケビン(B1キャリアハイの20得点)

毎回同じような反省をしているんですが、コーチ陣に言われたことができていないと、相手がどこであってもこういう結果になってしまいます。
広島戦から悪い流れが続いてしまったので、そこを断ち切らないといけません。
試合前のミーティングのホワイトボードに書いてあることができれば、必ず勝利に近づくと思います。
誰かのせいでなく、みんながベクトルを自分に向けて反省をしないといけないと思います。

Q 3Pは5本、キャリアハイの20得点
慣れた東北での試合でもあったので、気持ちよくプレーできました。高校の恩師も見に来てくれていたので、恩返しができたと思います。

Q明日はもっと恩返しを
今度は滋賀の人たちに勝利で恩返しできるように頑張ります。

#35 伊藤大司(5試合ぶり出場、4得点)

コーチに試合前に言われていた相手のプレッシャーやフィジカルに対して後手になってしまったことが、1Qからうまく攻められず、守れずに点差が開いてしまった原因だと思います。

Q良かった部分は
ディフェンスに関しては試合を通して全然だめでした。オフェンスは後半は個人個人がプレッシャーに対してしっかりアグレッシブに攻めることによって対応できたのかなと思います。前半はセットプレーをやろうとしすぎて相手のプレッシャーにやられてターンオーバーになっていましたが、後半はそれぞれがリングに向かってアタックして、ディフェンスを寄せてパスして、簡単なシュートを打つことができたので、多少は点差が縮んだと思います。

Qコンディション調整のため久々の出場だった
チームには迷惑をかけたので、自分のやれることをやろうと思って出ましたけど、もっと個人としてやらないといけない部分もあるので、リーダーシップを発揮して、ポジティブにアグレッシブにプレーできるように明日もプレーしたいです。

Q流れがよくない時に頼りにされる
そこは僕の役割だと思っています。スタッツに現れない部分で、徹底してやっていきます。

RELATED

関連ニュース

PAGE TOP

MAIN OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL PARTNER

GOLD PARTNER

SILVER PARTNER

BRONZE PARTNER