MENU
  • 公式LINE

SHIGA LAKESTARS

MENU

NEWS

HOME>ニュース>【9/10 ゲーム結果】プレシーズンゲーム 滋賀77-65SR渋谷 リードを守りホーム初陣勝利!

【9/10 ゲーム結果】プレシーズンゲーム 滋賀77-65SR渋谷 リードを守りホーム初陣勝利!

 

B.LEAGUE 2017-18シーズン プレシーズンゲーム
滋賀レイクスターズ vs サンロッカーズ渋谷

game20170910.jpg

滋賀77-65SR渋谷
1Q 19-15
2Q 18-16
3Q 16-7
4Q 24-27
会場:守山市民体育館

◆滋賀スタッツ
#7 並里 15pts
#50 サムハン 14pts
#13 菅原 11pts
#34 狩野 11pts
#40 フィッシャー 8pts

◆SR渋谷スタッツ
#6 サクレ 16pts
#22 長谷川 14pts
#9 ベンドラメ 11pts


■試合後コメント

■滋賀 ショーン・デニスHC
今日の試合に向け、アーリーカップよりもいいスタイルを見せるという目標を掲げて、今週の練習を取り組んできました。その成果が出せたと思います。

(Q.今日の試合ではブロックで会場が盛り上がる場面が多くありました)
今年はフィッシャー、サムハンとインサイドで存在感のある選手がいるので、リバウンドやディフェンスでいい働きをしてくれています。ガード陣がフルコートでプレッシャーをかけてくれているのも大きいです。

(Q.3Qは相手の得点を抑えて一気に流れをつかみました)
ペネトレイトされないように、中のスペースをつぶすことができました。フィッシャー、サムハンがうまく守ってくれたのが効きました。

(Q.試合後は今日の出来は60点と言っていましたが、残り40点は?)
ファールをしすぎてしまい、相手へのプレッシャーが弱まってしまいました。また、ディフェンスのローテーションがうまくいかずにオープンショットを打たれた場面もありました。オフェンスでは、相手の動きに応じたリアクションがまだまだです。

■滋賀 #50 オマール・サムハン
いい試合でした。特に、(開始から7分近く無得点に抑えた)3Qにうちのスタイルが出せました。リバウンドでもっとチームに貢献したいですし、シュートももっと決めたいです。アーリーカップでの脳震とうでなかなか練習できなかったので、これからどんどんコンディションを上げていきたいと思います。

このチームでの自分の大きな役割の一つはリバウンドです。ガード陣のディフェンスや、フィッシャーのブロックで相手のシュートが落ちたところを拾う。クリーナー(ごみ拾い)みたいなものです(笑)。

■滋賀 #40 ディオール・フィッシャー
まだまだな部分が多かったですが、勝ったことが何より自信になります。今日も何度かブロックで相手のシュートを抑えましたが、自分はディフェンスのアンカーとして、チームを後ろから支えたいと思います。

これからコンディションが上がれば、オフェンスでももっと貢献できると思います。得意のミドルシュートやポストプレーも見せていきたいです。

■滋賀 #34 狩野祐介キャプテン
攻守において、アーリーカップよりもいいプレーができたと思いますが、チャンピオンシップ進出に向けては、まだまだ細かいところを詰めていかないとと思います。レイアップのフィニッシュの精度や、ダイチさん(田中選手)がいなかったことでオフェンスリバウンドが取れずにポゼッションがよくなかったのが、改善点です。

デニスHCは選手一人ひとりの役割を明確に示してくれて、みんなプレーしやすいので、いい雰囲気でできています。ただ、運動量を求められるので、体力的にはキツイですね。練習での5対5は、相手もこちらのやりたいことがわかっているので、試合よりもキツイです(苦笑)。でも、これはいいことで、練習強度が上がっている証拠だと思います。

(Q.今日は試合後の挨拶でも「勝ったぞー」がなかったですね)
しようかな、とも思いましたが、レギュラーシーズンにとっておきます(笑)。

■滋賀 #7 並里成
アーリーカップに比べて皆でステップアップできました。今年のバスケは体力を使うので、コンディションをもっと上げて、40分間続けられる体とメンタルを作りたいと思います。

デニスHCはとても厳しいですね。細かいところまで見ていて、例えば練習の入りから高いインテンシティでないと、見逃さずにプレーを止めてすごく怒る。でも、毎日インテンシティを高く保つのが難しいこともわかっていて、それでもそれを指摘するのが私の仕事だ、と言ってくれるので、とても信頼できるコーチだと思います。

■渋谷 勝久ジェフリーHC
しっかりしたディフェンスからの走るバスケという、うちのやりたいバスケを滋賀さんにやられてしまい、相手ペースに持っていかれてしまいました。

【戦評】
■1Q
「多彩な攻めでリード」
スターターは#7並里、#34狩野、#6長谷川、#40フィッシャー、#3ファイ。オンザコートは両チーム1-2-1-2で臨んだ。
序盤は一進一退の展開。渋谷がサクレ、満原を軸に得点を重ねると、レイクスは狩野や長谷川の3Pシュートで応戦。さらに、サムハンの3Pや並里のミドル、代わった小林のフローターでリードする。渋谷は広瀬のアンスポーツライクファウルなどで流れを失い、19-15でレイクスリード。

■2Q
「外角好調、リード拡大」
菅原の3P、サムハンのミドル、並里のドライブと、このクォーターもレイクスペース。しかし、トランジションからの速攻で渋谷にイージースコアを許し、26-25でオフィシャルタイムアウト。ここからフィッシャーのミドル、長谷川の3Pで突き放すと、終盤は狩野が連続3Pを沈め、37-31とリードして、前半終了。

■3Q
「堅守で一気に先行」
好調狩野のミドルが決まると、さらにトランジションから立て続けに得点。49-31と一気にリードを広げる。渋谷はタイムアウトで立て直しを図るも、ターンオーバーからの失点や24秒バイオレーションなどでゴールが遠い。開始から7分近く渋谷の得点を抑え、53-38と大きくリード。

■4Q
「気迫衰えず、ホームで快勝」
序盤から得点が伸びない中、渋谷長谷川に連続で外角を許す。しかし、フィッシャーがリバウンドからダンクでねじ込むなど、最後までエナジーのあるプレーを見せる。終盤はファールからのフリースローで渋谷に得点を重ねられるも、リードを守りきり、ホームでの唯一のプレシーズンゲームを快勝で飾った。

☆レイクス公式Twitterでは好プレー動画をリアルタイム公開中!
https://twitter.com/shigalakestars/media

☆いよいよB.LEAGUE 2017-18シーズン開幕!ホーム開幕戦は10/7(土),8(日)ウカルちゃんアリーナでvs川崎ブレイブサンダース!チケットの購入はお早めに!
https://www.lakestars.net/news/game_20171007_20171008.html

RELATED

関連ニュース

MAIN OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL PARTNER

PARTNERS

こちらのサイトは携帯電話非対応となっております。
恐れ入りますが、PCもしくはスマートフォンにてご確認ください。