MENU
  • 公式LINE

SHIGA LAKESTARS

MENU

NEWS

HOME>ニュース>クラブ創設10周年記念「中間事業報告会&基調講演会・賀詞交換会」初開催

クラブ創設10周年記念「中間事業報告会&基調講演会・賀詞交換会」初開催

 滋賀レイクスターズは26日、クラブ創設10周年を記念して、弊社スポンサー企業様を対象とした「中間事業報告会&基調講演会・賀詞交換会」を琵琶湖ホテル(大津市)で初めて開催しました。今回、県内外より50社80名のスポンサー企業様にご参加いただきました。

DSC07976.jpg DSC07851.jpg

 中間事業報告会&基調講演会・賀詞交換会は2部制で、滋賀レイクスターズの業績と中・長期計画報告以外に、経営コンサルタントのノウハウを活用してスポーツビジネスのすそ野を広げておられるデロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリー合同会社シニアヴァイスプレジデント・里崎慎氏による基調講演会と、スポンサー企業様同士の結びつきを強めるとともにビジネスマッチングも目的とした賀詞交換会を催しました。

IMG_2132.jpg ___.jpg

 「これからのスポンサーシップのあり方」と題した基調講演会で、講師の里崎氏は「企業にとどまらず、国境も性別も役職も越えてつなぐ『ハブ機能』がスポーツにはある。スポンサーシップは権利であり、素材でもある。これを生かさない手はない」と力説、国内外の先進事例を紹介してくださいました。

________.jpg

 続く事業報告では、滋賀レイクスターズ代表の坂井信介が、クラブの長期目標として「スポーツの持つハブ機能を生かし、滋賀県・大津市活性化の起爆剤となり、大きな波及効果が見込めるアリーナ実現および稼動の原動力となること。最終目標は地域アイデンティティーを醸成していくことだ」と述べました。さらに、運営面の中期具体目標としては、新アリーナ実現前の2020-21シーズン内に、現在の会場環境下で、Bリーグ初年度覇者となった栃木ブレックスが実現した10万人来場、10億円の売上げ達成を掲げました。
 また、同取締役の木村弘志が、他クラブの事例を紹介しつつ、滋賀県内で実現可能なスポンサーシップの新提案も行いました。

DSC08040.jpg

 スポンサー企業間の交流を目的とした第2部の賀詞交換会は、株式会社平和堂の平松正嗣代表取締役社長の「レイクスを核に滋賀を元気にしていこうという思いが根本にある。スポンサー企業の横のつながりを大切にし、一人でも多くのお客様に来てもらえるよう取り組んでいきましょう」とのご発声のもと、参加者全員で乾杯。

_______2.jpg DSC08118.jpg DSC08163.jpg   

 歓談の途中には、ご参加いただいたスポンサー企業様へのインタビューや滋賀レイクスターズ所属女子棒高跳び・我孫子智美選手によるレイクススポーツファンドPRのほか、全選手サインボールなどが当たる新春プレゼント企画お楽しみ抽選会も実施し、盛り上がりました。

DSC08224.jpg

 最後に、滋賀ダイハツ販売株式会社の後藤敬一代表取締役社長が「こういった機会は、今までになかったこと。互いにパートナーシップを強め、滋賀を盛り上げる起爆剤となれるよう一緒になってがんばっていきましょう」と呼び掛けていただき、参加者全員による一本締めにて終了いたしました。

DSC08236.jpg

ご参加いただきました皆様、誠にありがとうございました。

滋賀レイクスターズを末永く宜しくお願い申し上げます。

RELATED

関連ニュース

MAIN OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL PARTNER

PARTNERS

こちらのサイトは携帯電話非対応となっております。
恐れ入りますが、PCもしくはスマートフォンにてご確認ください。