MENU
  • 公式LINE

SHIGA LAKESTARS

MENU

NEWS

HOME>ニュース>デザイナー 大岩 Larry 正志氏(大津市出身) 後半戦ポスターデザイン採用!

デザイナー 大岩 Larry 正志氏(大津市出身) 後半戦ポスターデザイン採用!

滋賀レイクスターズでは、来年2月以降のシーズン後半戦の試合告知ポスターに大津市出身のデザイナー、大岩 Larry 正志氏のデザインを採用することとなりましたので、お知らせ致します。

oms-profile-2016.jpg
■大岩 Larry 正志(おおいわ・らりー・まさし)

アートディレクター/グラフィックデザイナー/ボイスアクター
ONE MAN SHOW代表
滋賀県大津市出身。2003年度朝日広告賞を受賞。野球知識検定5級を満点で合格した知識をもとに、「野球とデザイン」をメインテーマに制作活動を続け、スポーツ専門デザイナーとしてスポーツを盛り上げている。
滋賀県で毎年開催されているイナズマロックフェスのロゴデザインも担当し、地元の音楽フェスをデザインで盛り上げている。

■主なデザイン実績
・2008年 西武ライオンズ交流戦用ユニフォーム、グラフィック
・2009年 福岡ソフトバンクホークス 鷹の祭典用のユニフォーム、グラフィック
・2010年 プロ野球名球会のリニューアルユニフォームとロゴ
・2012年以降 楽天イーグルス夏季限定ユニフォーム、優勝ロゴ
・2015年以降 東京ヤクルトスワローズのユニフォーム、グラフィック、ロゴデザイン
*野球以外の種目
・カーリング女子 北海道銀行フォルティウスのロゴやユニフォーム
・スキージャンプ女子 高梨沙羅選手のヘルメットグラフィック
・サッカー・レアルマドリード公式サッカースクールの付属クラブ「AMANECER C.F.」ロゴ、ユニフォーム

また、アニメ「The World of GOLDEN EGGS」ではボイスアクターとして50ものキャラを演じ、多才な活動を展開中。

■大岩氏コメント
スポーツをデザイン面から盛り上げたいという気持ちから日頃活動している中、故郷・滋賀県のチームの仕事をさせていただけるのは本当に嬉しいです。プロ野球球団など、いろいろなスポーツチームと行ってきた経験を活かし、レイクスの盛り上がりのお手伝いができればと思います。

■後半戦ポスターコンセプト
チームカラーと琵琶湖をイメージさせるブルーをベースに、コートに立つ5人の選手をイメージ。各選手の明暗のコントラストを強調して、初のチャンピオンシップ進出、そして頂点を目指し、シーズン後半戦に臨む選手たちから湧き立つ決意・闘志を表現しました。

▽後半戦ポスターデザイン
ls-1203-min.jpg

なお、この後半戦ポスターを、2018年1月12日(金)にクラブレイクス会員(レイクス・パートナー会員/プレミアスター会員)を対象に開催する『2017-18シーズン ミシガンクルーズ感謝祭』参加者にプレゼントいたします。
» 『2017-18シーズン ミシガンクルーズ感謝祭』詳細はこちら

RELATED

関連ニュース

MAIN OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL PARTNER

PARTNERS

こちらのサイトは携帯電話非対応となっております。
恐れ入りますが、PCもしくはスマートフォンにてご確認ください。