MENU

滋賀レイクスターズ

SHIGA LAKESTARS

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > 12/30 第17節vs大阪エヴェッサ結果GAME2【滋賀60-64大阪】

12/30 第17節vs大阪エヴェッサ結果GAME2【滋賀60-64大阪】

B.LEAGUE 2018-19シーズン
第17節vs大阪エヴェッサGAME2

【12/30 Lakes game結果】


滋賀60-64大阪
1Q 16-16
2Q 17-19
3Q 16-11
4Q 11-18

会場:エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館)

■滋賀スタッツ
#31 ラワル 23pts 13reb 3stl
#23 ブレイクリー 12pts 7reb 6ast 2stl
#24 高橋 7pts 3reb
#32 狩野 7pts 2ast
#25 荒尾 6pts 3reb 

【ショーン・デニスHCコメント】
残り2分を除いてはプラン通りの試合ができていた。要所でのターンオーバーと、リバウンドが取れないことでチームがパニックに陥り、そこからプランが遂行できなくなったのが敗因。ブレイクリーはいい活躍をしてくれたが、残念ながらファウルアウトになってしまい、彼抜きの試合運びが難しくなった。勝てる試合と思って臨んだが、チーム全体として悔しいし、悲しい結果になってしまった。
(Q:当面は外国籍選手はブレイクリーとビッグマンの組み合わせ?)
まだ合流してから簡単な練習程度しかできていない。千葉戦に向けて、チームとして練習していけばより良いパフォーマンスができる。このラインナップにすることで、日本人ビッグマンを入れたビッグラインナップにもできるのが強み。今の戦い方で勝てていないので、新しいことを試していく必要がある。

【#32 狩野祐介選手コメント】
昨日の反省を生かし、3Pは絶対止める意識で頑張った結果、昨日よりは決められなかったのは良かった。ただ、昨日同様、接戦を勝てなかったのが悔しい。
ブレイクリー選手が起点でオフェンスを組み立てていたので、欠けたことで一人一人の負担が増え、ボールムーブも少なくなった。苦しくなったが、そういう時こそ日本人選手がアタックし続けないといけない。

【#25 荒尾岳選手コメント】
接戦の展開で気持ちを切らさずに最後まで持っていけたのはよかったが、最後の遂行するところで差が出た。個人としては、ハレルソン選手をマークして、簡単な3Pは打たせないと話していて、7割くらいはできた。
ブレイクリーが入ってまだ練習があまりできていないので、連携はもっとやっていける。このラインナップでは、自分がもうちょっとリバウンド面でも頑張らないといけない。

■大阪スタッツ
#20 合田 18pts 2reb 4ast
#55 ハレルソン 14pts 14reb 2ast 2stl
#25 ギブソン 10pts 7reb 5ast 

>>スタッツ詳細はこちら
・現在6勝23敗西地区6位

PAGE TOP

MAIN OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL PARTNER

PARTNERS