MENU

滋賀レイクスターズ

SHIGA LAKESTARS

MENU
HOME > ニュース > 【試合終了】第6節GAME2 AWAY 滋賀 83-89千葉

【試合結果】第6節GAME2 AWAY 滋賀 83-89千葉

 


B.LEAGUE 第6節 GAME2

滋賀レイクスターズvs千葉ジェッツ
11月7日(日)15:05試合開始
会場:船橋アリーナ

   
 

試合後のコメント

ルイス・ギルHC

チームをすごく誇らしく思います。最後の時間帯までチャンピオンチームと戦うことができました。
最後の決定力のところでは少し差がありましたが、自分たちが成長しているというところ見せてくれました。
こういう戦い方をすれば、どんな相手とでも戦えるということを証明できました。
最終的に負けてしまいましたが、負けた相手が偉大なチームでした。
我々は富樫選手を徹底的にマークしましたが、ベンチから西村選手が出てきました。千葉ジェッツは良いローテーションができるような選手が揃っていました。

Q 富樫対策は若手が奮起して成長が見られたか
若い選手を育てることはクラブとしての一つの目標です。その中でも大智や怜音が良いものを見せてくれました。これは我々が目指すべき道で、若い選手が育っていけば自然とチームはステップアップしていきます。

Q 森山が今節復帰して長い時間プレーした
森山選手は3Pで脅威を与えてくれました。すごいいい働きをオフェンスだけでなくディフェンスでもしてくれました。
怪我で1カ月近く練習ができない状況でしたが、非常にいい努力をしてくれました。
森山選手と同じように、小澤選手も日に日にコンディションを整えていってくれることを願っています。

Q島根戦へ向けて
日本代表の安藤選手や金丸選手をリクルートし、西地区のベストチームの一つです。我々がチャンピオンシップを目指す上で争うことになるチームでしょう。でも、自分たちは成長できているので、彼らに対してもしっかりコンピート(競争)できると思っています。


#77 森山修斗(6pts3reb)

自分の場合は長い時間をもらって準備してきましたが、今回は相手がチャンピオンチームということでフィジカルの強い相手で難しいところもありましたが、自分の役割をしっかりやろうと思いました。
チームとして点差以上に大きな差があったと体感しました。そこの差を少しずつかもしれないですが詰めて、どんな相手でも勝てるようにやっていきたいと思います。

Q予定よりプレータイム長かかった
求められているものはシュートとディフェンスで相手にプレッシャーをかけていくことだと思っています。
スティールを狙う選手ではないですが、相手が嫌がるディフェンスをすることが自分の役割だと思いますので、シュートを決めたこととディフェンス面を評価され、色々噛み合った上でプレータイムが伸びたと思います。
そこは自分の強みとして継続していきたいです。
開幕戦はディフェンスでミスをしてしまってプレータイムが短くなっていました。そういうところが良くなったということなのかなと、プレータイムが伸びたことはいい風に捉えています。

Q開幕してすぐに負傷してしまった
チームがいい状態ということで、自分もそこに入っていきたい気持ちでしたが、時期的にもしっかり準備をして焦らないでベストなパフォーマンスができるようになろうと考えていました。
自分もチームの勢いに乗らないといけないと感じていたので、久々に戻ってきてその流れを変えてはいけないと思っていました。復帰してこの試合が良かっただけで終わらせず継続していきたいです。

Q島根戦へ
今月1回しかないホームゲームなので、復帰した姿も見てもらいたいので、しっかりホームで勝って皆さんと喜びたいです。


#15 キーファー・ラベナ(27pts 10ast 3stl)

勝つチャンスがあったと思います。私たちがディフェンディングチャンピオンと対峙することができた最高のチャンスした。私はみんなをとても誇りに思っています、みんながステップアップしました。
私たちはこの経験を次のゲームに活かさなければなりません。 私たちは非常に高いレベルで競争する方法を学びました。ここ3試合、アルバルク東京と千葉ジェッツの2試合は、長期的に見ると若い我々のようなチームにとっては本当にメリットがあると思います。

Q ダブルダブルを初めてマークした自身のパフォーマンスは
個人的にはアグレッシブになりたかったのですが、富樫選手とマッチアップしてディフェンディングチャンピオンとの対戦でした。私たちは多くのモチベーションを持っていたと思います。
富樫選手は彼のチームを上昇させました、そしてそれは私たちがこうなりたいと思っている姿でもあります。他のチームが、滋賀と対戦するたびに、滋賀を打ち負かすことはどれほど難しいかと認識させることです。
一緒にプレーする限り、私たちは我々のシステムに心を留め、滋賀バスケットボールをプレーすることは常に勝つチャンスがあります。
私のシュートが入ったことは幸運でしたけど、今日の試合でみんながステップアップすることができました。
私は上手くプレーできても負けました。私たちはそのことをこの試合の教訓にします。

Q 次の試合へ向けて
次の試合では、滋賀で島根と対戦することに興奮しています。
プレーオフを狙うチームは非常に強いので、休息を取り、島根との次の厳しい試合に備えて心と体を整える必要があります。
簡単な試合ではありませんが、私たちのシステムでプレーする限り、常に勝つチャンスがあると思っています。


 

HOME GAME スケジュール

11月のホームゲームチケット発売中!
>>チケット総合案内ページ



>>滋賀県内の小学生は2階自由席無料招待

RELATED

関連ニュース

PAGE TOP

MAIN OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL PARTNER

GOLD PARTNER

SILVER PARTNER

BRONZE PARTNER