MENU

滋賀レイクスターズ

SHIGA LAKESTARS

MENU
HOME > ニュース > 【試合結果】第5節 HOME 滋賀 74-91 川崎

【試合結果】第5節 HOME 滋賀 74-91 川崎


B.LEAGUE 第5節 

滋賀レイクスターズvs川崎ブレイブサンダース
10月27日(水)19:05試合開始
会場:ウカルちゃんアリーナ

   

試合後のコメント

ルイス・ギルHC

この試合の敗因ははっきりしています。前の試合でできていたことが、今日はうまくできませんでした。
最初の3分間で11点のビハインドとなり、その点差が最終的にゲーム全体の点差となったと思っています。
この前、名古屋D戦のゲーム2で上手く試合に入れたメンバーでスタートをしました。より国際経験の豊富な選手たちです。
川崎は下位の北海道に負けていますが、トップチームと戦うには名古屋D戦のようなスタートを切らないといけないと思っていました。
最初の3分間で簡単にシュートを決められるシチュエーションを作ってしまい、そういうところから自分たちの自信を上手く持てなくなっていました。
ですが、この試合は最終的に経験として役に立っていくと思います。我々の選手の多くは、こういうトップチームとの対戦経験がありません。また、より多くの時間プレーするのも今回が初めてだったと思います。
選手たちの今日の努力はとても評価していますし、それが将来役に立つと思います。


#14 柏倉哲平(5pts/9ast/3reb)

一番は試合の出足のところで相手にイニシアチブを取られてしまったことが大きな部分で、やはり相手の方が決め切るシュートを決め切っていましたし、自分たちが相手に打たせてはいけないと練習してきた中でも打たせてはいけない選手に打たせてしまって、それを決められしまいました。
より細かいところを追求して練習していかないといけないなと、この試合を通して感じました。

Qトップチームと戦っていく上で何が必要
一番はディフェンスとリバウンド。よりフィジカルに守らないといけないですし、やはり相手がどうしても背が大きい選手が多い分、より体をぶつけて簡単に相手にリバウンドを取らせないというところが毎試合重要になってくると思います。

Q今日はどう評価する
できた時間とできていない時間の差が激しいというのが、試合に出ていてもベンチで見ていても思ったので、それは練習中から強度の高い練習をしていかないといけないですし、より競争心を持ってやらないと、レベルの高いチーム相手では最後に決め切られてしまいます。オフェンスリバウンドも取られてしまうので、そこはより徹底してやっていきたいです。


キーファー・ラベナ(13pts/1ast)

川崎戦ということで、リーグの中で経験値も高いチームでしたが、そういったタフな試合の中でも、結果は負けてしまいましたがポジティブな面で、難しい試合の中でも自分たちのシステムにフォーカスをしながら、最後まで戦い抜くことができたことは一つ良かった点だと思います。
ですので、今日の試合から得たものをしっかりと見返して、活かして、バイウィークに入るまでに天皇杯も含めて強豪チームとの試合も待っているので、そこへしっかりと準備して、また成長できる機会にしていきたいと思います。

Q,4Qに得点を伸ばしたが

最後のQだけでなく、全てのQで同じマインドセットで入らなければいけないのですが、やはり平日開催の遅い時間でもたくさんのファンの方に来ていただいたので、恥をかくような試合をしたくなかったところがありました。自分たちのできる限りの力を出し切って、最後まで戦い切る気持ちで挑みました。
結果的には少し大差をつけられてやられてしまいましたが、プレーしている以上は持っている全てを出し切るのが自分たちの仕事だと思っています。
特別なことはなく力を出し切って、来てくださった皆様に自分たちのベストなパフォーマンスを見せたいという気持ちで挑みました。

 

 

HOME GAME スケジュール

11月のホームゲームは11/10の島根戦だけ!
>>チケット総合案内ページ

>>滋賀県内の小学生は2階自由席無料招待

RELATED

関連ニュース

PAGE TOP

MAIN OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL PARTNER

GOLD PARTNER

SILVER PARTNER

BRONZE PARTNER