MENU

滋賀レイクスターズ

SHIGA LAKESTARS

MENU
HOME > ニュース > 【試合結果】第4節GAME1 AWAY 滋賀 68-107 名古屋D

【試合結果】第4節GAME1 AWAY 滋賀 68-107 名古屋D


B.LEAGUE 第4節 GAME1

滋賀レイクスターズvs名古屋ダイヤモンドドルフィンズ
10月23日(土)15:05試合開始
会場:パークアリーナ小牧

 
 

試合後のコメント

ルイス・ギルHC

試合をする前から今回の試合が今までとは違うレベルとなることは理解していました。
名古屋Dは今シーズンもプレーオフを戦えるチャンスのあるチームです。彼らとコンピート(争う)するためには、フィジカルレベルをしっかり合わせていく必要があると思っています。
例えば、トランジションのところでもそうですし、ボックスアウト、フィジカルコンタクトで戦うところもそうです。そういうところの差があると思います。
彼らと同じレベルで戦っていくためには、外国籍選手やフィリピン人選手、日本代表でもプレーしている張本選手、こういうフィジカルな選手たちと同じフィジカルなプレーをしないといけません。
私のコーチ人生の中でもこれだけの大差で負けたことは初めてですが、私は明日の試合で勝つオプションがあるのではと思っています。ですが、それは我々がやるべきことをしっかり修正してやれた時です。
明日、しっかり名古屋Dとコンピートしていけるように、今夜はコーチ陣はしっかり修正できるところを準備していきたいと思います。


#16 野本大智(チーム最多の29分出場)

相手はオフェンスリバウンドが強いので、そこは全員でボックスアウトをして好きにやらせないということを準備していましたが、そこが全然できませんでした。自分も含めてガード陣に取られてしまうことも多かったし、インサイドで取られることも多かったし、そこは明日修正してクリアにしないといけないことの一つだと思います。
あと、個人としては今日は本当にシュートが入らなくて、シュートは水ものなので明日は入るように当然がんばりますし、打ち続けたいです。

Q明日へ向けて
今日は今日で明日は明日。引きずらないことが大事だと思うので、切り替えて明日は今日より強い気持ちで入って、明日はこの悔しさを晴らせるようにがんばります。

 

HOME GAME スケジュール

10月のホームゲームチケット発売中!
>>チケット総合案内ページ

>>滋賀県内の小学生は2階自由席無料招待

RELATED

関連ニュース

PAGE TOP

MAIN OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL PARTNER

GOLD PARTNER

SILVER PARTNER

BRONZE PARTNER