MENU

滋賀レイクス

SHIGA LAKES

MENU
HOME > INSIGHT > 【試合結果】9/19 プレシーズンゲーム vs大阪エヴェッサ

【試合結果】9/19 プレシーズンゲーム vs大阪エヴェッサ

B.LEAGUE PRE-SEASON GAME
21 1Q 10
14 2Q 10
18 3Q 24
14 4Q 21
67   65
9.19 mon / KTM河本工業総合体育館
スタッツリーダー
【得点】
① 16pts #0 ジェイコブ・ワイリー
② 12pts #1 ケルヴィン・マーティン
③ 10pts #25 イヴァン・ブバ

※プレシーズンゲームのため非公式集計
※8分×4クオーターの特別ルールで実施
 

戦評

ファーストプレーでブバが先制点を奪うと、デビュー戦となったマーティンが前半でチームトップの8得点を挙げるなど、前半は滋賀が15点のリードを奪う。後半は大阪がエンジンのかかってきたニュービルを中心に猛追。主導権を渡しかけたが、狩野の3Pが終盤の勝負所で決まり食い止める。2点リードのラストプレーで自陣でターンオーバーを喫するが、マーティンがブロックでリードを死守。2連勝でプレシーズンゲームを締めくくった。

 

試合後コメント

保田尭之アシスタントコーチ

 

前半は特にチームとして上手く入れたんじゃないかと思います。ただ、後半に入った時にペースを落としてしまいました。DFのところで少しソフトになってしまった部分があると思うので、誰が入っていたとしても常にハードなDFをして常に走るということは、やっていかないといけない、それは自分たちにとってのレッスンになったかなと思います。
最後のプレシーズンゲームで、皆さんに見てもらえる試合としては勝ちで、特に歴史ある大阪エヴェッサに対しての勝利を見せられたというのは、今年結果を出したいこのシーズンに対する皆さんからの期待感を持って、開幕スタートできるのはないかと思っています。
また皆さんにも開幕戦のところから、しっかり応援していただいて自分たちもそれを後押しとして戦っていきたいと思います。


Q.初めて12人が揃った状況での試合だった?

今年のプレシーズンは皆が揃って練習をする時間は短かったですし、5対5の練習をすることすら簡単ではなかったです。それでも自分たちのフィロソフィーが何なのかということがしっかり頭にあり、それを体現できているチームだと思っています。
ここからルイスHCも合流して、より拍車をかけていけると思うので、もっともっと皆さんに期待してもらえるチームだと思います。

#14 柏倉哲平選手

チームとしてローテーションも早めに回していくという事もあり、出ている時間一人一人が100%の力でインテンシティを上げていこうというところで、前半は特にチーム全体が意識して良いスタートを切る事ができたのはとても収穫になりました。
しかし後半、出だしの部分などでしインテンシティが下がってきた部分というのは、まだまだ徹底しきれていない部分だと思います。そこはチームの課題として誰が出ても強度の高いディフェンスができるように、ここから2週間でしっかり準備していきたいと思います。


Q.初めて12選手揃った状態での試合だった

今季のチームの形は見えてきていると思います。各々が自分の役割を明確に認識しているので、それをいかにコート上で思い切り表現していくかが重要になってくると思います。
今日の試合でも、ディフェンスやリバウンド、攻撃的に得点に絡むプレーなど、それぞれのプレーで良さが見えたと思うので、皆がそれをより理解してプレーできたらもっと良いチームになるのではと思います。


Qチームの完成度は?

うちはルイスHCが揃ってナンボのチームなので…(笑)
夏からずっとチームがやってきた中で、何パーセントと言われると難しいですが、守山での試合に比べたら6~7割くらいはチームとしてまとまってきているので、これから2週間でしっかり仕上げていきたいと思います。


Qブースターへメッセージ

開幕前の最後の皆さんに見てもらえる試合で勝てたというのは、自分たちの自信になりました。これからさらに強度を高めて、開幕もしっかり連勝できるように良い準備をしたいと思います。

PAGE TOP

MAIN OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL PARTNER

GOLD PARTNER

SILVER PARTNER

BRONZE PARTNER