MENU
  • 公式LINE

SHIGA LAKESTARS

MENU

NEWS

HOME>ニュース>【12/9 ゲーム結果】滋賀82-87琉球 終盤競り負け3連敗 9勝12敗

【12/9 ゲーム結果】滋賀82-87琉球 終盤競り負け3連敗 9勝12敗

滋賀82-87琉球 終盤競り負け3連敗 9勝12敗

game20171209.jpg
_1DX4605.jpg _1DX4728.jpg 7D2_2141.jpg 7D2_2242.jpg 

【12/9 Lakes game速報】滋賀82-87琉球 終盤競り負け3連敗 9勝12敗

2017-18 B1リーグ 第11節 GAME2
vs琉球ゴールデンキングス
滋賀82-87琉球
1Q 19-20
2Q 17-16
3Q 26-25
4Q 20-26
会場:ウカルちゃんアリーナ
来場者数:2,401人

■滋賀スタッツ
#24 高橋 19pts 3stl
#7 並里 17pts 9ast 3stl
#50 サムハン 14pts 8reb
#40 フィッシャー 8pts 5reb 2bs

■琉球スタッツ
#12 マーティン 33pts 9reb
#51 古川 14pts
#0 石崎 9pts 8ast

【試合後コメント】==========================
■滋賀 ショーン・デニスHC
昨日からディフェンスを改善し、序盤から強度の高いディフェンスができました。これからの残り39試合でも、これを続ければいい結果になると思います。
オフェンス面でも昨日よりピックアンドロールでのアタックができましたが、簡単にファウルをしすぎてしまいました。特に外国籍選手がファウルトラブルになると、ゲーム後半でよりプレッシャーのかかる状況になってしまいます。

■滋賀 #7 並里成(17点、9アシスト、3スティール)
終盤のボールへの執着心が向こうの方が上でした。プレイオフに行くにはそこまでしないといけないという反省と、そこからの学びのあったゲームだと思います。
自分のプレーは、昨日の後半にアグレッシブにいけなかったので、今日は最後までアグレッシブにいきました。ただ、終盤のレイアップを決め切れなかったので、そこで決めていればと思います。

(Q.今季はアシスト数が伸びています)
自分が変わったわけではなくて、デニスコーチが自分を生かすために他の4人の選手のスペーシングを細かく指導してくれているのが大きいです。その点では、コーチと得点を決めてくれるチームメートに感謝です。

■滋賀 #24 高橋耕陽(19点、3スティールでMIP)
昨日から気持ちを切り替えて、チームでディフェンス面でハッスルできました。
個人的にはシュートをよく決められましたが、マッチアップしていた古川さんにノーマークで3Pを打たれた場面が3本ほどあったので、寄せを見直さないとと思います。

【戦評】============

終盤競り負け3連敗

■1Q
「互いに譲らず一進一退」

スターターはGAME1と同じく#7並里、#6長谷川、#24高橋、#40フィッシャー、#3ファイ。オンザコートは共に1212で臨んだ。
並里のフローターでレイクスが先制するも、琉球は岸本の外角ですかさず反撃。レイクス高橋、琉球マーティンのGAME1で好調だった選手がこの日も1Qで早くも7点を挙げ、19-20と互角の展開で1Q終了。

■2Q
「高橋躍動、同点で後半へ」

出だしから古川、津山に立て続けに許す一方、レイクスはトラベリングでチャンスを逃すなど、流れが悪く、開始2分6秒でタイムアウト。並里、フィッシャーがミドルを沈めるも、琉球アイラに3Pを許し、25-29でオフィシャルタイムアウト。ここでレイクスは並里、横江のツーガード体制で流れを引き寄せる。サムハンの3P、横江から並里へのコンビプレーで追い上げる。

終盤には高橋がスティールからの速攻、さらにドライブで切れ込んでレイアップを決め、36-36の同点で後半へ。

■3Q
「守備から流れ、レイクスリード」

前半の流れそのままに、両チームとも譲らない展開。レイクスはフィッシャー、サムハンがインサイドで得点を重ねると、琉球もアイラ、マーティンが取り返す。レイクスはこのクォーター4スティールで守備から流れを作り、終盤は長谷川のドライブや小林のフローターでリードを奪い、62-61で最終クォーターへ。

■4Q
「勝負どころで得点伸びず惜敗」

琉球はマーティン、アームストロングがインサイドを突いてじわじわとリードを奪う。レイクスは狩野の3Pで反撃するも、残り6分で66-72。フィッシャーがファウルアウトとなったレイクスだが、ここから高橋が速攻からフリースローをもらうと、狩野が再び3Pを沈める。並里もリングへアグレッシブにアタックし、75-72と再びリードする。

ここで突き放したいところだったが、琉球古川に3Pを許し、同点。さらにサムハンが3Pを決めると琉球も石崎が入れ返す。しかし、残り1分でサムハンもファウルアウトするとインサイドを防げず、マーティンのバスケットカウントの3点プレー。連続ターンオーバーでポゼッションを生かせず、82-87で3連敗となった。

GAME1に続き、琉球マーティンに33点と大量得点を許し、逆にレイクスは外国籍選手のファウルトラブルが響いた。

===============
☆ハイライト映像、コメント、詳しいスタッツなどはレイクス公式WEBサイトへ!
https://www.lakestars.net/game/?YMD=20171209&TAB=R

☆来週末12/16(土)、17(日)は滋賀ダイハツpresents レバンガ北海道戦!
来場者全員に2018オリジナルカレンダーをプレゼント!レイクスチアのクリスマスパフォーマンスも!
さらに、高島市民DAY開催!
https://lakestars.net/news/game_20171216_20171217.html
20171206_vsHokaido_atUkaru_2017111112_2.jpg

RELATED

関連ニュース

MAIN OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL PARTNER

PARTNERS

こちらのサイトは携帯電話非対応となっております。
恐れ入りますが、PCもしくはスマートフォンにてご確認ください。