MENU
  • 公式LINE

SHIGA LAKESTARS

MENU

NEWS

HOME>ニュース>【11/11 ゲーム結果】滋賀71-65島根 延長制し3連勝で勝率5割復帰! 7勝7敗

【11/11 ゲーム結果】滋賀71-65島根 延長制し3連勝で勝率5割復帰! 7勝7敗

【11/11 ゲーム結果】滋賀71-65島根 延長制し3連勝で勝率5割復帰! 7勝7敗

game20171111.jpg

E1DX9121.jpg E1DX9007.jpg E1DX9284.jpg E1DX9211.jpg

2017-18 B1リーグ 第8節 GAME1
延長制し3連勝で勝率5割復帰! 7勝7敗

滋賀71-65島根
1Q 12-20
2Q  8-12
3Q 25-13
4Q 14-14
OT 12-6
会場:ウカルちゃんアリーナ
来場者数:1,847人
MVP:#6 長谷川智伸

■滋賀スタッツ 
#6 長谷川 16pts 4stl
#7 並里 13pts 5reb 8ast
#34 狩野 10pts 
#40 フィッシャー 10pts 6reb 5bs
#50 サムハン 10pts 5reb 3ast

■島根スタッツ
#18 相馬 12pts 
#40 スコット 11pts 10reb
#5 山本 10pts

【試合後コメント】==========================
■ショーン・デニスHC
島根という本当にハードでタフなチームに対し、こういう粘り強いゲームができた選手たちを誇りに思います。こうやってファイトするんだというのを伝えてきましたが、強い気持ちでそれを体現してくれて、最後まで戦い抜くことができました。後半とオーバータイムで計51点取れたのはいい兆しです。

この試合で何人かがまたステップアップしてくれました。長谷川はいくつものビッグショット、そしてスティールを決めてくれました。また、サムハンが退場した中、フィッシャーとサンバが長い時間プレーして頑張ってくれましたし、樋口も短い時間の中でいい働きをしてくれました。

チーム全体がプレッシャーに負けずに、平常心でプレーしてくれました。こうやって、誰かが欠けた中で他の選手がカバーする、これはいいチームのサインですし、互いに助け合いながらプレーしてほしいです。

■#6 長谷川智伸(16点、4スティール、オーバータイムで3P2本を決めてMVP)
前半はうちのバスケができず、相手の思うような試合になってしまいました。オフェンスがうまくいかず、そのフラストレーションでディフェンスもハードにできませんでした。

ただ、島根の運動量が2Qの途中から落ちてきているのは感じていたので、ハーフタイムに「全員で集中して、細かいところをしっかりやっていこう」と確認し合って後半に臨みました。チームで我慢した結果、オーバータイムまでいって勝ちきれたと思います。インサイド陣も、サムハンがファールアウトした後に我慢してくれました。

自分のプレーは、たまたまシュートが決まっただけです。オーバータイムは最後は気持ちで決まると思ったので、気持ちで戦いました。

(Q.9日に27歳になったばかりですが)
27歳というよりも、今季は副キャプテンになったことが大きいです。自覚と責任感が増しました。

【戦評】============
延長制し3連勝で5割復帰!

■1Q
「連携乱れ、先行許す」
スターターは#7並里、#34狩野、#24高橋、#40フィッシャー、#3ファイ。オンザコートは共に1212で臨んだ。
フィッシャーのミドルでレイクスが先行するも、相馬に内外から得点を許し、追いかける展開。島根は開始4分ほどで早くもチームファウルが4つに達するも、レイクスはターンオーバー5つと攻めきれず。狩野、並里の3Pが決まるも、12-20で1Q終了。

■2Q
「リバウンド奪えず、一桁得点」
このクォーターは島根にリバウンド15本を許し、レイクス得意のオフェンスリバウンドはわずか1本。8点に抑えられる中、フィッシャーが3本のブロックショットで島根の攻撃を抑え、20-32で後半へ。

■3Q
「一気に攻勢、接戦へ」
開始からサムハンが果敢にアタックし、フリースローや3Pなどで連続スコア。その後ファールアウトとなるも、並里のミドルや狩野のカットイン、高橋がオフェンスリバウンドからねじ込むなど、一気に詰め寄る。残り3:41で並里が切れ込んで40-39と逆転。横江の3Pで勝ち越すも、終了間際に後藤のアタックで45-45の同点で最終クォーターへ。このクォーターはレイクス12リバウンド、7アシストと島根を圧倒。

■4Q
「両者譲らず、延長突入」
開始から両者譲らず、島根がスタツのインサイドでリードすると、レイクスは長谷川の3Pとファイのミドルで食らいつき、50-50のままでオフィシャルタイムアウト。レイクスが長谷川がスティールからそのまま持ち込むと、島根は山本の外角が決まりリード。レイクスはフィッシャーがミドルやフリースローを着実に決め、59-59で延長へ。

■オーバータイム
「長谷川連続3Pで勝負あり」
フィッシャーがリバウンド争いのファウルからフリースロー2本を決めてリードすると、長谷川の連続3Pが決まり、一気に先行。3秒バイオレーションや4スティールで島根のオフェンスを抑え、71-65で3連勝。勝率五割に復帰した。
===============

☆ハイライト映像、戦評、詳しいスタッツなどはこちら
https://www.lakestars.net/game/?YMD=20171111&TAB=R

☆11/20(月),21(火)は2日連続平日ナイター!新潟アルビレックスBB戦!バスケ界の貴公子五十嵐圭選手、元レイクスで昨季B.LEAGUE特別表彰でクール&セクシー選手賞を受賞した城宝匡史選手を迎え撃つ!
https://www.lakestars.net/news/game_20171120_20171121.html

20171109-2_vsNiigata_atUkaru_2017112021.jpg

RELATED

関連ニュース

MAIN OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL PARTNER

PARTNERS

こちらのサイトは携帯電話非対応となっております。
恐れ入りますが、PCもしくはスマートフォンにてご確認ください。