MENU
  • 公式LINE

SHIGA LAKESTARS

MENU

NEWS

HOME>ニュース>GAME>【2/5 ゲーム結果】滋賀73-74秋田 終盤競り負け、連勝ならず

【2/5 ゲーム結果】滋賀73-74秋田 終盤競り負け、連勝ならず

【2/5 ゲーム結果】滋賀73-74秋田 終盤競り負け、連勝ならず

7D2_7110.jpg _1DX5588.jpg _1DX5595.jpg

山崎砂利商店・ヤマゼンpresents
vs秋田ノーザンハピネッツ

滋賀73-74秋田
1Q 13-18
2Q 17-15
3Q 16-11
4Q 27-30
会場:ウカルちゃんアリーナ
来場者数:1684人

◆滋賀スタッツ
#32 マブンガ 22pts 10reb
#33 ブラッキンズ 12pts 4reb
#3 ファイ 11pts 8reb
#7 並里 6pts 4reb 7ast
#6 長谷川 6pts
#34 狩野 6pts

◆秋田スタッツ
#23 スティーブンス 19pts 11reb
#13 モリソン 19pts 7reb
#3 安藤 14pts 5reb 4ast
#9 白濱 7pts 6reb

【試合後コメント】
■滋賀 遠山向人HC
秋田さんがよく我慢してプレーしていました。4Qに流れをつかみきれなかった部分が最終的に響いてしまいました。

今日もいいところはあったので、そこをこれからも継続することが大切だと思います。バイウィークを挟んで、しっかり準備をして次の試合に臨みたいと思います。

(Q.今日のいいところは)
インサイドを使って、チームでボールを動かしていったのがよかったです。オープンショットの場面も作れているので、これを丁寧に継続することが大事だと思います。

■滋賀 #7 並里成(6点4リバウンド7アシスト)
連勝はなりませんでしたが、一丸となって前向きなバスケをしようという姿勢が皆にあって、チームにいい手ごたえを感じる二日間でした。4Qでファールがかさんでしまい、きわどいところで相手に上回られました。

■滋賀 #32 ジュリアン・マブンガ(22点10リバウンド)
厳しい試合で勢いをつかみきれませんでした。ファールトラブルやリバウンドで今日は課題がありましたが、この二日間はチームでいいテンポでバスケができたと思います。

■秋田 長谷川誠HC
タフなゲームだったが、最後まであきらめずに戦ったことが今日の勝利につながったと思っています。昨日の結果から、選手たちにはとにかく気持ちを切り替えて、前向きに、気持ちを強く持って臨もうと伝えましたが、それをみんなが良くやってくれました。

またオフェンスではインサイドを起点にしてチャンスを作ること、ディフェンスではそれぞれがハードにあたることを指示しましたが、やろうとしたことをちゃんとできたのが結果につながりました。若いチームなのでこれからもっと良くなってくると思っています。

【戦評】
■1Q
「互いに拙攻、先行許す」
スターターは前日と同じく#7並里、#6長谷川、#13菅原、#32マブンガ、#33ブラッキンズ。オンザコートは両チームとも2-1-1-2で臨んだ。

菅原のジャンパーで先制するも、秋田スティーブンスやモリソンがインサイドから得点。5秒バイオレーションやラインクロスで両チームとも流れをつかみきれない中、終盤に秋田安藤がフローター、3Pで連続得点。さらにスティーブンスがオフェンスリバウンドからねじ込む。レイクスは狩野の3Pが決まり、13-18で1Q終了。

■2Q
「互いに外角、僅差で後半へ」
両チームともリングに嫌われる中、開始2分20秒で秋田田口が3P。レイクスはファストブレイクから菅原、さらに狩野の3Pで20-23でオフィシャルタイムアウトに入る。直後に秋田谷口の3P、さらにモリソンにオフェンスリバウンドから決められ、20-28でタイムアウト。

ブラッキンズがインサイドでアタックして反撃する。終盤はマブンガもペイントエリアで次々に得点し、30-33で後半へ。

■3Q
「オフェンス好調、逆転して4Qへ」
開始から3分近く、秋田の得点を防ぐと、長谷川の連続3Pで38-35と逆転。このクォーター、秋田の3Pを0本に抑えると、横江のミドルも連続で決まり、46-44とリードして最終クォーターへ。

■4Q
「ファールトラブルで秋田の猛攻止められず」
レイクスはマブンガやファイ、秋田はモリソンやスティーブンスがインサイドで得点。レイクスは61-56でオフィシャルタイムアウトに入るが、すでにチームファールが5つに達してしまう。徹底的にインサイドを突いてくる秋田を止めきれず、秋田の2P成功率は12本中10本の83.3%。

終盤はブラッキンズ、ファイがファールアウトとなり、点の取り合いとなる中、レイクスは73-72の残り42秒からのオフェンスを決められず。一方、秋田はモリソンのアタックが成功し、残り4秒で73-74。レイクスは最後のオフェンス、残り0.8秒でマブンガがドライブからファールをもらうが、フリースロー2本はいずれもリングにはじかれ、万事休す。今季初の同一カード連勝はならなかった。
===============
☆詳しくはこちら
https://www.lakestars.net/game/?YMD=20170205&TAB=B

☆最強タレント軍団、来襲!次回ホームゲームは2/25(土)、26(日)アルバルク東京戦!
https://www.lakestars.net/news/18518.html

☆2/25(土)は人気の婚活パーティー開催!
https://www.lakestars.net/news/18807.html

☆チケット購入は今すぐ買えるレイクス公式サイトから!
https://www.lakestars.net/ticket/price/

☆来週末バイウィークは選手たちと特別なひとときを!2/12(日)レイクス・パートナー会員限定食事会開催!
https://www.lakestars.net/news/18039.htm

RELATED

関連ニュース

MAIN OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL PARTNER

PARTNERS

こちらのサイトは携帯電話非対応となっております。
恐れ入りますが、PCもしくはスマートフォンにてご確認ください。