MENU
  • 公式LINE

SHIGA LAKESTARS

MENU

NEWS

HOME>ニュース>GAME>【2/4 ゲーム結果】滋賀84-61秋田 待望の2017年初勝利、連敗11でストップ

【2/4 ゲーム結果】滋賀84-61秋田 待望の2017年初勝利、連敗11でストップ

【2/4 ゲーム結果】滋賀84-61秋田 待望の2017年初勝利、連敗11でストップ

BB7T4470.jpg BB7T4584.jpg BB7T4474.jpg

山崎砂利商店・ヤマゼンpresents
vs秋田ノーザンハピネッツ

滋賀84-61秋田
1Q 12-16
2Q 19-15
3Q 32-13
4Q 21-17
会場:ウカルちゃんアリーナ
来場者数:1559人
山崎砂利商店・ヤマゼンMVP:#7 並里成

◆滋賀スタッツ
#32 マブンガ 19pts 12reb 3ast
#6 長谷川 16pts
#7 並里 13pts 4reb 6ast
#34 狩野 11pts
#33 ブラッキンズ 9pts 3reb

◆秋田スタッツ
#5 田口 19pts 6reb
#30 ラベネル 13pts 5reb 3ast
#13 モリソン 6pts 9reb
#23 スティーブンス 6pts 3reb
#11 菅澤 6pts 3reb

【試合後コメント】
■滋賀 遠山向人HC
長い連敗で苦しい状況でしたが、選手たちが必死に前を向いて、ブースターの皆さんにも力強い声援をいただいたおかげで、この結果につながりました。

(Q.1Qでオフェンスがうまくいきませんでした)
2Qでファイがペイントエリアで頑張って、また横江がいいディフェンスでチームを引っ張ってくれ、トランジションでも良さを出してくれました。

(Q.長い連敗の中、チームマネジメントに苦労したのではないでしょうか)
どんな状況でも丁寧に取り組もうと選手たちには言い続けました。どんな状況でもハードワークを続けた選手たちをすごいと思います。

■滋賀 #7 並里成(13点6アシスト)
11連敗で迎えた今日、いいチーム状態で勝ててうれしいです。ベンチからのメンバーも含め、みんながいい仕事をして、チームで勝ち取った一勝だと思います。
連敗中は悪いイメージが出てしまったが、今日はみんなで前を向いて、どうやれば勝てるかにフォーカスできたと思います。個人的にも今季一番の出来でした。

(Q.3Q後半の連続得点が勝ちを引き寄せました)
とにかく集中力を切らさず、アンテナを張って、流れを読むことができました。負けが続く中、ポイントガードとしてどうやってゲームをコントロールすべきか、毎日ずっと考えていたので、その成果だと思います。HCにも相談して、チームの皆もわかってくれたおかげです。

(Q.連敗中、自身のプレーに焦りのようなものも感じられました)
バスケがチームスポーツであり、皆が同じ方向を向くことが大事と改めて感じました。そういう意味では、11連敗にも意味があったとポジティブに考えています。

■滋賀 #23 横江豊
ディフェンスでアグレッシブに仕掛けて、前半をイーブンで終えられたのが、大きかったです。

(Q.連敗中のチームをどうまとめたか)
悪い時期はどうしてもそれぞれが違う方向を向いてしまいがちなので、全員に対して何かを話すより、個々の選手とのコミュニケーションを心がけて、一人ひとりと向き合うように心がけました。この勝ちが今後へのきっかけになればいいですし、そのためにも明日が重要だと思います。

■滋賀 #6 長谷川智伸(16点)
連敗が続いて、勝ち方が迷走するような時期もありましたが、ホームを守るため、必死で戦いました。出だしは流れが悪かったですが、その後はうちのバスケができたと思います。

(Q.出だしの重い雰囲気から流れがよくなったのは)
ディフェンスリバウンドがとれて、相手の攻撃を単発にとどめることができたのがよかったです。一人ひとりが自分の仕事をした結果だと思います。

■秋田 長谷川誠HC
ターンオーバー17という結果で、大事な場面、特に第3クォーターでは自分たちのミスから滋賀に流れを与えてしまいました。自分たちのオフェンスの終わり方も良くなかったです。
今までミスするようなところではないプレーが出てしまい、勝たなければいけないという気持ちからくる焦りを落ち着かせてやることができませんでした。明日はチャレンジャーとして気持ちを切り替えて臨みたいと思います。
中山選手については、今日は初めての試合で実力的にはもっともっとできる選手だと期待しています。これからの選手なので今日はターンオーバーもあったが、次にいかしていけると思います。

【戦評】
■1Q
「両者拙攻、重い立ち上がり」
スターターは#7並里、#6長谷川、#13菅原、#32マブンガ、#33ブラッキンズ。オンザコートは両チームとも2-1-1-2で臨んだ。
秋田がスティーブンス、安藤らのミドルで先行する一方、レイクスはなかなかシュートが決まらず。秋田の拙攻に助けられ、両チームともスコアが伸び悩む中、残り3:52で狩野のジャンパーが決まり、ようやく6-6の同点に追いつく。
秋田菅澤の3Pなどで再び先行される中、マブンガのスティールから速攻。またも菅澤に3Pを許すも、マブンガが終了間際にドライブからリバースレイアップを決め、12-16で1Q終了。

■2Q
「横江 果敢な守備、リズム生む」
出だしから小林と横江のツーガードの布陣。2番に入った横江を筆頭に、レイクスはアグレッシブな守備を見せ、秋田のルーキー、プロ初出場の中山のターンオーバーを誘う。リズムを崩した秋田は、残り5分余りで早くもチームファールが5つ。レイクスはフリースローで着実に加点し、残り4:18で23-23と追いつく。

さらに、相手ターンオーバーから横江、並里の速攻で勝ち越すが、秋田田口に連続3P、さらにミドルを許す。一方のレイクスも長谷川やマブンガの3Pで応戦。31-31のイーブンで後半勝負となった。

■3Q
「並里爆発、大量リード」
前半同様、一進一退の展開。秋田が好調田口の3Pなどで先行するも、レイクスは長谷川やマブンガのアタックがファールを誘い、フリースローで加点する。そして、迎えた残り5:49で秋田はまたもチームファールが5つ。さらに秋田の24秒バイオレーションを誘うと、マブンガの3Pで勝ち越す。

そして、前半無得点だった並里がここから大爆発。サンバへのアシスト、3P、ターンオーバーからの速攻などで立て続けにスコアを伸ばし、一気に57-41とリードを奪う。

たまらず秋田はタイムアウトをとるが、横江や菅原の積極的なアタックがファールを誘い、フリースローを獲得。63-44と大量リードで最終クォーターへ。

■4Q
「リード保ち、連敗ストップ」
3Qの勢いそのままに、マブンガや長谷川のシュートが決まり、リードを保つ。秋田モリソンにインサイドで立て続けに得点を許すも、マブンガが巧みなステップからのレイアップでお返し。最後まで主導権を握り、84-61で快勝。2017年初白星で、連敗を11で止めた。
===============
☆コメント、詳しいスタッツはレイクス公式WEBサイトへ(試合終了後順次更新します)
https://www.lakestars.net/game/?YMD=20170204&TAB=B

☆ホーム秋田第2戦、明日5(日)14時から!
https://www.lakestars.net/news/17984.html

☆今週はクラブレイクスDAY開催!選手からのプレゼント抽選会、限定クーポン、全選手参加サイン会など、会員だけのオトクがいっぱい!
https://www.lakestars.net/news/18465.html

☆そして明日5(日)は#8ダイチの誕生日!「田中さん」「大地さん」「2/5生まれ」「スキンヘッド」のどれかに当てはまる方は当日券特別割引、特製缶バッチ、記念撮影つき!
https://www.lakestars.net/news/18419.html

☆スマホアプリ「B.スマチケ」初利用の方は500円キャッシュバック!
https://www.lakestars.net/news/18342.html

☆チケット購入は今すぐ買えるレイクス公式サイトから!
https://www.lakestars.net/ticket/price/

☆バイウィークは選手たちと特別なひとときを!2/12(日)レイクス・パートナー会員限定食事会開催!
https://www.lakestars.net/news/18039.html

RELATED

関連ニュース

MAIN OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL PARTNER

PARTNERS

こちらのサイトは携帯電話非対応となっております。
恐れ入りますが、PCもしくはスマートフォンにてご確認ください。