MENU
  • 公式LINE

SHIGA LAKESTARS

MENU

NEWS

HOME>ニュース>GAME>【1/21 ゲーム結果】滋賀74-84北海道 追撃及ばず初戦黒星

【1/21 ゲーム結果】滋賀74-84北海道 追撃及ばず初戦黒星

【1/21 ゲーム結果】滋賀74-84北海道 追撃及ばず初戦黒星

1484992357000-75a3941675abd04de3147672-132109-original.jpg 1484998655829-83adf9f99eec3bb8fcaed225-132209-original.jpg 1484998656130-5501daa5be600366aed4cde5-132210-original.jpg
vsレバンガ北海道

滋賀74-84北海道
1Q 17-17
2Q 19-25
3Q 22-21
4Q 16-21
会場:北海きたえーる

◆滋賀スタッツ
#33 ブラッキンズ 19pts 7reb
#7 並里 11pts 4ast
#32 マブンガ 10pts 5reb 3ast
#34 狩野 10pts 3reb
#3 ファイ 8pts 5reb

◆北海道スタッツ
#5 ミラー 26pts 6reb
#12 西川 17pts 4reb
#22 ソープ 13pts 9reb 4ast
#11 桜井 10pts 5reb 3ast
#8 多嶋 5pts 5reb 6ast

【試合後コメント】
■滋賀 遠山向人HC
今日明日と負けられないゲームとして位置づけて臨みましたが、勝てずに残念で悔しいです。この反省を生かし、準備して、明日はもっとファイトして勝って帰りたいと思います。

(Q.事前の準備とのギャップは)
レバンガさんは勝率こそ、うちと同じぐらいですが、チームとして同じ方向を向いていると感じました。もっとばたつく時間帯があるかと思いましたが、そうではなかったです。

(Q.並里をスターターで起用しました)
あまりスターターのメンバーにはこだわっていませんが、並里は勢いのあるプレーヤーなので、出だしからプッシュして勢いをつけてほしいと思いました。

(Q.故郷北海道での凱旋試合となりました)
家族や友人が来ていましたし、菅原、高橋も北海道出身なので、彼らにとっても特別な試合だったかと思います。ただ、それ以上にレギュラーシーズンの中で重要な試合と位置づけて臨みました。

■滋賀 #8 田中大地(前半で2本の3Pを決める)
ボールが回っていたので、思い切って打ちました。試合を通じてああいうボールをまわした展開ができれば、結果につながると思います。相手に決められても下を向かずに、チーム全体で強い気持ちを持って戦っていきたいです。

■滋賀 #24 高橋耕陽(地元北海道でのゲーム。終了間際にプロ初得点を決める)
地元での試合なので、友人などが「見に行く」と言ってくれていました。レイアップだったので、次は外からのシュートを決められるように頑張りたいです。

■北海道 水野宏太HC
久しぶりに皆さんと勝利をつかむことができてうれしいです。前節の秋田戦で課題となったリバウンドやシュートの成功率を修正することができました。明日は滋賀さんも修正してくると思うので、こちらもそれ以上のプレーを見せたいと思います。

【戦評】
■1Q
「出だし不調も狩野奮闘でタイに」
スターターは#7並里、#34狩野、#13菅原、#32マブンガ、#3ファイ。オンザコートは両チーム共に1-2-1-2で臨んだ。
北海道西川に先制を許すと、レイクスは開始4分までに早くもターンオーバー4つと波に乗れない。速攻から北海道野口、さらに多嶋のカットインなどで先行される。二桁点差にしたくないレイクスは狩野が3P、フリースローなど得点を量産して15-14と一気に逆転する。オフェンスリバウンドから北海道ミラー、続けて折茂のフリースローで再びリードされるも、田中からサンバとつないでインサイドで追いつき、17-17の同点で1Q終了。

■2Q
「追い上げも続かず、リード許して後半へ」
1Qの勢いでリードを奪いたいレイクスだが、ターンオーバーからの速攻で勝ち越しを許すと、桜井、西川に連続3Pなどで27-18と9点差。ここでタイムアウトを取ると、田中の3Pで反撃。並里のドライブがファール誘ってフリースロー2本を決めると、マブンガの3Pも決まって26-27まで追い上げる。しかし、北海道ミラーのダンク、さらにターンオーバーからの速攻を立て続けに許し、26-33と流れをつかめない。オフィシャルタイムアウト明けも北海道ソープに3P、アリウープを決められ、26-38と12点差。ここから並里のドライブ、ブラッキンズと田中の3Pで追い上げ、36-42で後半へ。

■3Q
「最大15点差から反撃」
修正を図りたい後半だが、出だしからターンオーバーやパスミスが続く。北海道も攻めあぐねる中、狩野の3Pなどで反撃。しかし、この日好調の西川に連続3Pを許すなど、残り4:10で41-56と、この日最大の15点差となる。ここから長谷川の3P、さらにブラッキンズとファイがインサイドで得点。ブラッキンズの3Pも決まり、点差を縮める。終了間際には長谷川が3Pブザービーターを決め、58-63で最終クォーターへ。

■4Q
「一時1点差も終盤息切れ」
追い上げムードのレイクスはマブンガがオフェンスリバウンドからねじ込む。さらに、長谷川のジャンパーで62-63と1点差。ここから点の取り合いになると、レイクスはリバウンド争いで後手に回り、4分近くリバウンドの取れない時間帯が続く。攻撃が単発になると、次第に北海道に点差を広げられる。65-74でオフィシャルタイムアウトを迎えると、その後も点差を縮められず、74-84で初戦を落とした。

この日のレイクスはリバウンドで29-42と劣勢になり、特に北海道に許したオフェンスリバウンドは15本。また、ターンオーバー18本とボールを失う場面が多く、フィールゴールの試投数で61-73と後れを取った。
===============
☆コメント、詳しいスタッツはこちら
https://www.lakestars.net/game/?YMD=20170121&TAB=B

☆次回ホームゲームは秋田戦!2/4(土),5(日)クレイジーピンクをレイクスブルーで迎え撃て!
https://www.lakestars.net/news/17984.html

☆2/5(日)は#8ダイチの誕生日!「田中」「大地」「2/5生まれ」「スキンヘッド」のどれかに当てはまる方だけの特典満載!
https://www.lakestars.net/news/18419.html

☆バイウィークは選手たちと特別なひとときを!2/12(日)レイクス・パートナー会員限定食事会開催!
https://www.lakestars.net/news/18039.html

☆いよいよ来週発売!3月は田臥勇太選手と対戦!3/18(土)、19(日)ホーム栃木戦チケットは1/25(水)からクラブレイクス会員先行販売開始!
https://www.lakestars.net/news/18077.html

RELATED

関連ニュース

MAIN OFFICIAL PARTNER

OFFICIAL PARTNER

PARTNERS

こちらのサイトは携帯電話非対応となっております。
恐れ入りますが、PCもしくはスマートフォンにてご確認ください。